大満足の出来にする為に|一生モノの住まいは注文住宅で

不動産

歴史的な建造物が多い

スーツ

街並みとの調和が重要

鎌倉市は鎌倉幕府が置かれたころには行政の中心地として様々な施設が建設されました。日本は歴史的に木造建築で施設が作られておりましたので、火事が発生しると消失することが多いのですが、鎌倉市の建造物の多くが残って多くの観光客を集めています。鎌倉市で注文住宅を建設する場合には街並みとの調和を考える必要があります。当然のことながら行政サイドでも鎌倉市の景観を壊さないために注文住宅の建設についてもある程度の規制が設けられています。しかしながら行政上の規制ですべてを解決しようとすることには無理が生じます。注文住宅を建設する際には行政との打ち合わせのほかに事前に近隣との調整を行うことはその後の注文住宅の建設を円滑に行うために重要です。

自治会への説明がポイント

注文住宅建設の建物の概要を近隣に説明する際にはその地域の自治会を窓口にすると物事がスムーズに進みます。個別の近隣に当たることは手間や時間がかかりますので、自治会による窓口の一本化は重要です。注文住宅は自由設計ということもあり、新たに住宅を建設するということに近隣住民は注目している場合が少なくありません。行政の許可を得ているので何をやってもよいと考えるのは建設はできてもその後の近隣との付き合いに支障をきたします。自治会を窓口に事前に建物概要を説明しておけば景観上の大きな問題がなければ多少の指摘はあっても対応可能な範囲にとどまることが一般的です。歴史的な都市である鎌倉市に住宅を持てるということが一番重要なこととなります。